蜂の子の栄養成分と味の特徴

蜂の子の栄養成分と味の特徴

見た目にもインパクトが強い蜂の子は初めて見る方が食すのは少し抵抗を持たれる方も少なくありません。しかし、蜂の子には多くの栄養成分が含有されています。中国などでは古くから漢方の生薬として活用されてきました。また、山間部では大切なタンパク源として珍重されるほどのその栄養価は優れています。

蜂の子は言うまでもなく蜂の子供そのものですが、成虫になると蜂は一日で200㎞~400Kmも飛翔します。その小さな身体に長距離を飛べるだけの体力と前向きな精神力は素晴らしくその蜂の子供を食することで「性格が前向きになる」ともいわれています。

また、蜂を主原料とした栄養食品としても人気の高いローヤルゼリーには蜂からいただく栄養成分の恵みが豊富でありますが蜂の子はそのローヤルゼリーの3倍もの栄養成分が含有されています。

蜂には人間の体内では生成されない必須アミノ酸やビタミン、ミネラル、マグネシウムなどの豊富な栄養成分が含まれ疲労回復や痴呆予防、糖尿病などの生活習慣病の予防などにも効果があるといわれています。しかし冒頭でも解説した通り見た目で口にするのをためらってしまいますよね。そこで蜂の子を味をご紹介していきます。蜂の子はみための他味わいは小エビような濃厚な味わいにプチッとした食感が特徴です。山間部などでは醤油やみりんなどで味付ける甘露煮や素揚げしてお塩などでいただくと美味しさが増します。

▲page top